HOMEブログ愛三建設ブログ > K様邸の上棟を行いました!

K様邸の上棟を行いました!



こんにちは(^^)

だんだん寒くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?



先日、K様邸の上棟を行いました!



上棟とは、

柱や梁(ハリ)など建物の基本構造が完成した後、

家の最上部で屋根を支える“棟木“(むなぎ)と呼ばれる木材を取りつけることを指します。


柱や梁、屋根を支える棟木が取り付けられることで、一気にお家の形が、顔を出します!


↓↓↓  なかなか見ることの無い上棟作業の様子をご覧下さい  ↓↓↓


DSCN5720
材料の搬入〜!
DSCN5721
柱を組み立てて行きます!
DSCN5728
柱の組み立て、土台と柱に番号が記載してあり、番号をそれぞれ合わせ、順番に組み立てて行きます!
DSCN5729
DSCN5725
1皆の柱と2階の梁の組み立てが完了☆
DSCN5726
2皆の床下地貼りが完了♪
ちなみに穴は現地で作るのでは無く、材木屋さんから事前にカットされた木材を組み立てます!
DSCN5727
だんだん完成してきました!後は屋根をつけるだけです!
DSCN57321
DSCN5734
DSCN5733
DSCN5738
完成した屋根に防水シートを貼り付けます。
DSCN5741

家の形ができてきました

上棟後、更に本格的な家づくりに突入します!

DSCN5740

ここまで無事に工事が進んだことへの感謝と、完成を祈願します。




完成がとても楽しみです^^



素敵なマイホームになるよう、身を引き締めて工事を続けていきます!

よろしくお願い致します。