HOME > 木造住宅

木造住宅

木造住宅
愛三建設では、日本の風土に根付いた木造建築が可能です。
設計の自由度が高く、増改築も比較的容易。
何より、その肌触りが、住む人に安らぎを与え、癒してくれます。

木造在来工法で建てられた家は、コスト面でのメリットも大きく、耐火性、耐久性、耐震性もまったく問題ありません。
将来、家族構成が変わってリフォームする際も、他の工法に比べてとても簡単です。

木造住宅が叶える3つの理想の暮らし

安らぎの暮らし

自然素材ならではの手触り、風合いはもちろん、木目の視覚的な癒し効果もあり、安らぎの暮らしが実現できます。

また、木材には吸湿放湿効果もあり、健康的な暮らしを望む方にもおすすめです。

健康的な暮らし

木材には吸湿放湿効果があり、室内の空気が乾燥すると蓄えていた水分を空気中に放出。
逆に梅雨などの湿気の多い時期には、空気中の湿気を吸収します。
このため、健やかで快適な暮らしが実現できます。

安全・安心の暮らし

木材は、曲げ強度で鉄の15倍、コンクリートの約400倍も圧縮強度、引っ張り強度も他の材料より優れています。
製造されたときから劣化が始まる鉄やコンクリートと比べ、木は、伐採後も強度が維持されます。
壁紙などを使わず、木の風合いを最大限にいかした家づくりも可能。

木材内部は、熱を伝えにくい空気を含んでいます。
このため、表面が焦げても無傷のまま長時間残ります。
また、木には、温度が上がっても容易には燃化しないという性質があるので、安心です。
圧縮力に対する強度は、コンクリートの約5倍近くもあり、とても優れています。
圧縮強度だけでなく引っ張り強度もほかの材料よりも優れており、安全・安心の暮らしが実現できます。

断熱効果

木材内部は、熱を伝えにくい空気を含んでいます。 そのため、耐火性にも優れています。
お問い合わせ お気軽にお問い合わせください