HOME > 検査体制

検査体制

長く快適に暮らしていただくために

検査項目が388項目にも及ぶテクノストラクチャーをはじめ、RC工法、木造住宅ともに、各工程ごとに2重、3重の検査を行っています。 お客様に長く、快適に暮らしていただける住まいをお届けするために。 愛三建設では、ベテランの品質管理スタッフを中心に、検査体制を整えています。

検査1

検査体制1 基礎の強さ
基礎の強さ テクノストラクチャー検査項目101

家の重みや地震、風などによって基礎にかかる力をチェック。
家の土台である基礎の強さを徹底的にチェックします。

検査2

検査体制2 柱の強さ
柱の強さ テクノストラクチャー検査項目62

床や屋根の重みによって、また地震や風によって柱にかかる力をシミュレーションし、62項目にわたってチェックします。

検査3

テクノストラクチャー
梁の強さ テクノストラクチャー検査項目129

床や屋根が、梁にかけている力をチェックします。
屋根の重みや力のかかる方向などから、梁の強さを総合的にチェックします。

検査4

検査体制4 柱接合部の強さ
柱接合部の強さ テクノストラクチャー検査項目32

柱と土台などをつなぐ金具の部分にかかる力をチェックします。

検査5

梁接合部の強さ
梁接合部の強さ テクノストラクチャー検査項目26

梁と梁をつなぐ金具部分にかかる力を26項目の検査でチェックします。

検査6

検査体制6 耐力量の量
耐力壁の量 テクノストラクチャー検査項目18

地域に応じた積雪量や風の強さなどを考慮し、耐力壁が十分な量について確保されているか確認します。

検査7

耐力壁
耐力壁の配置 テクノストラクチャー検査項目12

 「偏心率0.15以下」という厳しい基準を用い、耐力壁のバランスを確認。厳しい基準で全体的な壁配置をチェックします。

検査8

検査体制7 耐力壁の配置
床の強さ テクノストラクチャー検査項目8

垂直構造である耐力壁が十分な強度を発揮するよう、壁をつなぐ床面・屋根面などの水平面をチェックします。
お問い合わせ お気軽にお問い合わせください