HOMEブログ愛三建設ブログ > RC住宅のプロ集団!

RC住宅のプロ集団!

RC住宅が大好きな設計部の小泉です。

今日から12月ですね。今年も後、1ヵ月で終ってしまいます。寒さも本格的になってきました。

以前から思っていた考えていたことですが、寒い地域の家づくり知らずして、どうやって「高気密高断熱」を提案できるのか?

ということで先日、北海道へ行ってきました。

5_dc-2_-224x300

↑ いつも大変、お世話になっている、RC専門の設計事務所「㈱デザインセンターさん」

IN札幌市 (RC建築デザイン集団です)


2_DC-1_1-300x224

↑ 大変参考になりました。(左:設計課長の梨本さん)
(右:いつもお世話になっている岡田さん)ありがとうございます。

現在のプロジェクトの1つで「蓄熱式鉄筋コンクリート外断熱住宅」の打合せをしました。

プランの打合せではなく細かいディテールがメインとなりました。(防水・仕上・サッシ廻・コスト・実績など)


初日のホテルは登別温泉の予定でしたが前日に鉄塔が倒れ4万件の大規模停電!そのため洞爺湖ホテルへ。

洞爺湖でも食事中に停電(1時間)してビックリしました。

 

話しは変わり、いつもお客様に聞かれる質問の多くに「RC造は何年もつの?」と聞かれます。

簡単な回答は「国税庁での法定耐用年数(住宅)は47年です」(木造は22年)

その根拠や歴史を確認するため

cb8e84f4851d39e95f3fd4ec608d873f

↑ 北海道「小樽港湾事務所」へ行ってきました。
(横なぐりの雪が降っていました)
e3e872d540f51f5344d2ad3406cb5c5e

↑ ひょうたん型でモルタルブリケットという供試体です。

コンクリートの経年変化や強度を調査しています「最古は明治30年

日本人技士として初めて

本格的 防波堤(コンクリートブロック)の建設に成功した「近代土木の父、廣井 勇(ひろい いさみ)博士」の研究成果を見学。

ウィキペディアにもコンクリートの発案者と記載があります。

小樽港北防波堤を研究・設計・施工に携わった方です。

北防波堤は明治41年(1908年)に完成されています。

5870ba3addc3e22f75360bfe6cad359a

↑ 抗張力試験機(昔は圧縮強度ではなく引張試験で測定)、平成に入っても実験を続けていたらしい。
(100年近くも)
df26ffae7153d316e6cc6d61e817ad59

↑ 札幌市役所付近のビルです。綺麗でした。

土木と建築ではコンクリートの考え方が若干変わりますが、どちらにしても

良いコンクリートを創るためには

 「施工性」「配合」「養生」「強度」が重要と感じました。(細かく言うと長くなります)



名古屋市近郊でコンクリート住宅(RC住宅)をお考えの方は「愛三建設」まで

  こちらをクリック⇒ http://aisan-3.com/
 

問い合わせ先⇒0120-17-9551