HOMEブログ愛三建設ブログ > アール形状のバルコニー!

アール形状のバルコニー!

設計部の小泉です。

先日、守山区のK様邸の打合せに行ってきました。

打合せと言っても私の場合は、かなり雑談が多く、場合によっては雑談だらけで仕様が決まらない時もあります。

でも、それが以外に面白く、ご主人様とお互い共感し合ってしまい。。。

雑談内容は家族・完成見学会・パソコン・仕事・野球の話などで盛り上がりました。

その中でも私がうれしく思ったのはお施主様が家づくりを楽しんでいたことです。

何かを決める時、一緒に悩み、一緒に笑い、一緒に描き、とことん話合って打合せをして決める。

無から有へ創、そして決めた物が形(ハウス)となり、空間となる。

「ものづくりの醍醐味」ですね。

打合せはお客様が満足するまで、とことん私は付き合います!

後悔させたくないですから。。。

この日の打合せは私も、いろいろ楽しませていただきました。

そこで、お施主様のこだわりを紹介したいと思います。

こだわり満載の建物ですが「バルコニー形状」はこだわりの一つです。

端部と先端がR(アール)形状となっており、リズミカルなタテスリットが風通しの役割も含めていいですね。

デジカメではわかりにくいかも。。。

CIMG2023-300x168
CIMG2028-300x168

RC造ならではの自由な造形。コンクリートというシャープな素材の中にデザイン性に富んだアール(丸み)。

設計段階でも試行錯誤しながら決め、現場でも高度な技術を生かしカタチになりました。

私は建築中の現場を見るのが大好きなのですが見る時に、いつも「ワクワク感」「ドキドキ感」があります。

図面上のパースでは感じられない空間や発見(ワクワク感)。

設計や現場が失敗していないか(ドキドキ感)。

この時はツルッとしたアールがいい感じでしたね。

部分的にタイルを貼るので

足場解体の仕上がりが楽しみです。